重要刀剣 刀 脇差 短刀 小道具 古美術品 販売専門 刀剣亜細亜 touken.asia

重要刀剣
Sold Out 刀銘 無銘 豊後友行 
南北朝時代  350万円
長さ73.2糎 反り2.2糎 元幅2.9糎 先幅3.0糎 鋒長さ15.2糎 茎長さ22.4糎 茎反り0.1糎
無銘 豊後友行の追加画像へ
形状 薙刀直し造、庵棟、身幅広めで、元幅より先き幅が僅かに広く、身幅比して鎬幅広く、鎬地を削いで鎬高く、反りやや深くつき、大鋒。
鍛 板目に大板目・杢交じり、肌立ちごころとなり、地沸厚くつき、地景細かによく入る。
刃文 表は互の目乱れに小のたれ・子互の目など交じって総体にややこずみ、裏は互の目に角ばる互の目・小互の目・丁子風の刃など交えて部分的にやや華やかに乱れ、足入り、葉を交えて、初々むら沸ついて、匂口沈んで、砂流し・金筋かかり、処々湯走り・飛焼が見られる。
帽子 直ぐ調に刃縁ほつれて、裏は先さかんに掃きかけて焼づめ、裏は先掃きかけごころに、丸く僅かに返る。
茎 大磨上、先刃上がり栗尻、鑢目(表)平地は勝手下がりで鎬地切り・(裏)平地は中程まで勝手下がりでその下は切りで鎬地も切り、目釘孔三、無銘。
 
Sold Out 刀銘 肥前国忠吉 
慶長時代頃  680万円
長さ68.85糎 反り0.9糎 元幅2.95糎 先幅2.05糎 鋒長さ3.95糎 茎長さ17.8糎 茎反りなし
肥前国忠吉の追加画像へ
形状 鎬造、庵棟、身幅やや広く、身幅の割に鎬幅広く、鎬高く、反り浅く、中鋒延びる。
鍛 板目に杢交じり、肌目立ちごころとなり、地沸よくつき、地景細かに入り、淡く白けごころがある。
刃文 直刃調浅く小さくのたれごころをおび、僅かに小互の目風交じり、小足入り、小沸つき、細かに砂流れしかかり、少しく金筋入り、匂口明るく冴える。
帽子 浅くのたれごころにに小丸、先掃きかける。
茎 生ぶ、先栗尻、鑢目浅い勝手下がり、目釘孔二中一埋、佩表棟寄りに五字銘がある。
 
Sold Out 刀銘 上総国住人正直 
     530万円
長さ69.4糎 反り1.4糎 元幅3.1糎 先幅2.35糎 鋒長5.9糎 茎長さ185.5糎 茎反り0.15糎
上総国住人正直の追加画像へ
形状 鎬造、庵棟、身巾広めに、反り浅くつき、大鋒。
鍛 板目肌、刃寄り流れて柾がかり、地沸つく。
刃文 大互の目乱れに尖り交じり、足太く、よく沸づき、砂流し頻りにかかり、金筋入る。
帽子 乱れ込み尖りごころに返り、先掃かけかかる。
茎 生ぶ、先栗尻、鑢目筋違、目釘孔一。指表、中央からやや棟寄りに太鏨の長銘がある。