重要刀剣 刀 脇差 短刀 小道具 古美術品 販売専門 刀剣亜細亜 touken.asia

日本刀豆知識

刀の鑑定について
 刀の鑑定は無銘を極める為に行いましたが、出来で刀を見分けられる唯一の方法ですから、刀を理解する上でも大事な方法です。今回は刀を楽しむ一つの見方として述べたいと思います。
1、時代  刀の鑑定をする上でまず最初に考えるべきなのは、その刀が何時頃作られたかです。即ち、古刀か新刀か新々刀のいずれなのかを判断するということです。入札では間違いますと時代違いとなります。時代の確定は一番最初に知りたい情報ですので、これはならべく間違えたくないところです。
 指標の一つは古刀と新々刀は本刃が乱れで帽子も乱れ、新刀は本刃が乱れで帽子は直となります。なお、この方法は直刃の場合には使えません。新々刀の特徴としては、乱れの足が刃先に抜けがかるや、刃が特に固いので刃が地より僅かに浮き出て見えるなど、全体的に古刀より固い感触があり、地肌も無地風の詰んだ地鉄となります。匂い口も沸が古刀より荒く、大きくなっております。

2、国(生産地)  次に判断すべきなのはどこで作られたかです。基本として五畿七道を使い分類し、入札では同じ街道筋は通りとして近い分類となり、外れますとイヤとなります。
 判断の指標は、古刀はまず備前(長船)かどうか考え(鮮明な映りや丁子刃がある等)、柾目があったり尖り刃があり且つ表裏の刃紋が揃う物は美濃(関)と考えます。この二国が作刀のほとんどを占めておりますので、他は個別の流派の特徴で拾っていくべきかと思います。(来は沸映りが顕われる、宇多は地鉄が黒く見える、九州物は刃寄りの肌に柾目が目立つなど。)
 新刀は、まず肥前か大阪か江戸かを考えます。綺麗な肌で中直刃というのは肥前刀の特徴ではありますが、これだけですと大阪も考えられます。刃縁の匂い口が帯状となる特徴があるのが肥前刀です。そして刃幅が深く地鉄が綺麗なのはまず大阪と考えます。また反りが浅く刃幅が狭いものは江戸です(兼重、安定、虎徹は例外的に刃幅が広いです。)。この何れでもない場合は、近いと思われる物から考えを広げて類推していきます。例えば大阪に似て刃に尖りや地肌に柾が目立つものは越前の可能性が高く、肥前に似て違うものは高田と考えます。なお新々刀は大部分の刀工が江戸で作刀しております。

3、刀工名   最後に出来具合(完成度)からその国にある各流派の棟梁各にあたるか、弟子各かを考えます。そして個別の刀工の特徴が分かれば、確信をもって個名を探り当てることができます(堀川国広には水影があるなど)。入札では個名が分かりますと当となり、同じ流派ですと同然となります。

刀の趣味の目的
 そもそも刀の趣味の目的とはなんでしょうか、やはり刀の良さを楽しむことに尽きると思います。それでは刀の何処を見て、その良さを見分けたらよいのでしょうか。それはやはり、匂い口を見ることだと思います。刃紋の形ではなく、その刃の沸、匂いの状態を鑑賞することが大事です。その状態が美しいものこそ完成度が高いということであり、その完成度は武器としての価値でもあります。なお鑑賞にあたって判断の基準の一つにムラがないことが言えます。つまり部分的に違った部分がない、ということは均一であり弱点が少ないということに繋がるからです。ここに鑑賞の美と実用の美の合一があり、これを楽しむのが鑑賞の楽しみです。

鑑賞上の注目点
 刀を見る上で押さえておきたいポイントを述べておきたいと思います。なんとなくでも把握しておきますと後々、比較でき参考になるかと思います。時代や流派の特徴となっている場合もあります。
 1、刃長   刀は二尺以上、脇差は二尺に満たないもの、短刀は一尺に満たないものです。
        太刀は二尺五、六寸、刀は二尺三寸前後が多いです。

 2、中心が生ぶか磨上か。 慶長頃まで磨上が多く見られます。

 3、姿  反りの深浅、切っ先の大小、身幅の広狭、重ねの元と先の違いなどを見ます。

 4、地肌に柾目があるかどうか。ある場合は棟寄りか刃寄りのどちらにあるかを見ます。
 なお太刀と刀の区別としては、太刀は刀身、中心共に反りが深く、刀は刀身、中心共に反りが浅くなっています。また刀には片手で使う場合と両手で使う場合があります。このような点を把握していくことで違いが分かり、鑑賞が深まっていきます。

日本刀の鑑賞方法
 刀をどういう手順で見るのか、いろいろな見方がございますが基本的な手順となります。
1、素手で中心を持って垂直に立てて全体の姿、刃長、反り具合を見て下さい。(大体の時代が分かります。)
2、光源と刀を平行にして地肌を見ます。刀の表裏に材木のような肌目が顕れていますのでそれを確認して下さい。(板目、杢目、柾目が基本です。)
3、次は鑑賞の本番である刃紋の匂い口の鑑賞です。前方に白熱電球等を置いて刀身をその電球に向けるとある角度になりますと刀身の刃紋が浮き上がってきます。これが匂い口でありまして焼き入れによってできた鉄の結晶です。この匂い口を観察することによって刀の状態(出来)を楽しむことができます。 
 匂い口には締まるもの、フックラとするもの、深いものなどがあります。匂い口の太さは作風次第ですが、ムラがないものが出来が良い刀です。良い刀を多く御覧になって頂き、比較検討することでその良さや違いが少しづつ見えてくるのではないかと思います。総計で600万振りもの刀が日本にあると言われておりますが、一つとして同じものがなく、さらに残されてきた経緯(伝来)も全く違います。

片手打ち
 室町初期より本格的に造られるようになった腰刀が発展した打刀の実戦的な姿です。
 粗製品では古代からあったと思われる姿で、日本刀の作刀としては鎌倉時代中期頃の小太刀がその起源となっております。ただ高級武士による注文に限られており、ごくごく少数の作刀しかございません。その後もほとんどの腰刀は平造りで本造りはありませんでしたが、その後、嘉吉の乱頃に片手で使う本造りの腰刀が使われ始め、長寸(二尺弱以上)の刀は馬に乗る際は太刀となり徒歩では打刀となりました。ちょうど与三左衛門尉祐定等が活躍した頃の時代には二尺三寸程の長さの打刀が作られ始めており、片手打ち両手持ちが兼用されるようになったと思われます。その証拠に、両手持ちとも違いかなり中心ががっしりしております。これは片手で持ち易くする為で、中心が太ければ、拵えの柄も太くなり両手ではやや持ちにくくなります。

 この後、江戸時代は徒歩中心ですので両手持ちの二尺三寸が登城に使う二本差の定寸となり、現代では刀は二尺以上と決められようになりました。古くからあった太刀は馬上にて片手で使うものですので、剣術の発達がなければ長さの違いがどうあれ日本刀を両手で使うことはなかったと思われます。両手打ちでは剣術という技術によって両手で刃筋を通してものを切るところに強みがあります。左右の手の力がばらばらでは、片手で使ったほうがをよく切れることさえあります。棍棒のように叩きつけるならもちろん両手で良いのですが、日本刀の切れ味は刃筋を通すことで最大限に発揮されます。この結果、両手持ちの長寸(二尺三寸)は出現が遅れ、末古刀は使い手と場面によって片手打ちと両手の兼用がなされたと思われます。
 総じて姿は武器の変遷と密接に関連し、過渡期ではいろいろな試行錯誤が続いて例外がたくさんございますが、時代を考察するにあたっては姿と中心の形状は大きな判断材料となっております。

現代刀のヤスリ(機械ヤスリ)
 以下は昭和初期に造られた刀の中心です。明治末期から手製のヤスリが使われなくなり、以下の様な機械製のヤスリによって中心仕立てが行なわれる様になります。これが所謂、機械ヤスリであり、以前の手製の和ヤスリは現在ではまず見ることはできません。上下を比較してみて下さい、ヤスリのかけ方は違っていますので区別できますが、ヤスリ目の違いは微妙です。さらに手製ではなく機械製ですので、同じものを入手することもかつてより容易になっています。また関の刻印は、追加的に製作元を明らかにする意味があったようです。